田口 ランディ

(タグチ・ランディ)
田口 ランディ(たぐち ランディ、1959年10月3日 - )は、日本の女性小説家、エッセイスト。本名、けい子。 東京都に生まれ、広告代理店、編集プロダクションでのOL生活を経てフリーライターに。1996年、エッセイ『忘れないよ!ヴェトナム』を発表、その後インターネット上でメールマガジンを発行する。2000年6月に長編小説『コンセント』を上梓して小説家としてデビューした。 『コンセント』で2000年下半期直木賞候補、『モザイク』で2001年上半期直木賞候補、2004年『富士山』で直木賞候補。性的オカルトを特徴とする。 複数の著作に盗作が発覚し、『アンテナ』『モザイク』は絶版。その後、該当部分を修正した文庫改訂版が出された。 2001年には『できればムカつかずに生きたい』で第1回婦人公論文芸賞を受賞。 主な作品に、『コンセント』『アンテナ』『モザイク』の3部作のほか(コンセント・アンテナは劇場映画化された)、エッセイ『根をもつこと、翼をもつこと』など。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田口 ランディの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

田口 ランディの著書を検索する

田口 ランディの関連ニュース


田口 ランディのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田口 ランディと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田口 ランディ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.