高田 純次

(タカダ・ジュンジ)
高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優。東京都調布市国領出身。身長175cm。血液型はO型。愛称は「純ちゃん」「純じい」「Mr適当」「TJ」「ミスター無責任」。自身の所属事務所であるテイクワン・オフィスの代表取締役も務める。 人物紹介 幼少時、母親が32歳の若さで病没した後、東京ガス勤務の父親とその再婚相手のいる家庭で育つ。 調布市立第三中学校、東京都立府中高等学校卒業後、一流企業勤務や弁護士などを志し、現役で明治大学・青山学院大学・法政大学・中央大学を受けるが全て不合格となる。その後一浪し、東京藝術大学・武蔵野美術大学・多摩美術大学・日本大学芸術学部などの美大系や成城大学を受験するがいずれも不合格となり、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科へ進学した。学生時代からポスターその他広告媒体をデザイン・制作するアルバイトに励む。 1971年、自由劇場の舞台を見て俳優を志願。同劇団に入団し研究生となる。1年で退団し、イッセー尾形とともに劇団「うでくらべ」を結成するが、半年ほどで解散。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高田 純次の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人生の言い訳



廣済堂出版

適当教典 (河出文庫)



河出書房新社 2013-02-15
日本中の老若男女のあらゆる悩み89連発に日本一のテキトー男が快刀乱麻の大回答!秘蔵写真をあしらったポエム、エッセイ、高田純次流・直筆人生訓もちりばめられ「笑っていつの間にか救われる究極の癒し本」とファ

適当教典 (河出文庫)



河出書房新社

適当日記



ダイヤモンド社

適当日記



ダイヤモンド社 2014-09-01
【電子書籍版には、特製しおりはつきません。その代わりといってはなんですが、なんと2008年~2014年を振り返った書き下ろしの1章を追加しています】アプリで20万ダウンロードの

高田純次のテキトー格言 (中経の文庫)



KADOKAWA/角川マガジンズ 2016-04-15

高田純次のテキトー格言 (中経の文庫)



KADOKAWA / 角川マガジンズ 2016-04-15
“適当男”の第一人者、高田純次が贈る“名迷言集”。テキトーながらも思わず納得の珠玉の格言。不景気、法改正、戦争の危機などなど……、訳のわからない不安に呑まれ、なんとなく閉塞感を感じるこの世の中。でも、

高田純次 男の美学



文化出版局


高田 純次の著書を検索する

高田 純次の関連ニュース


高田 純次のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高田 純次と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高田 純次」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.