高田 崇史

(タカダ・タカフミ)
高田 崇史(たかだ たかふみ、1958年12月 - )は、東京都生まれの日本の小説家・推理作家。薬剤師免許所持。近年は、清涼院流水が立ち上げたプロジェクト「The BBB」(Breakthrough Bandwagon Books)に参加し、英語版の著作を発表している。 1982年、明治薬科大学薬学部卒業。薬剤師となる。 1998年、『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞受賞。 作風 QEDシリーズで扱われる題材は、一般的に採り上げられるような「歴史の謎」ではない。伝統的な習慣、一般常識や謎だとも思わないことを敢えて「謎」としている。人々の常識を覆す見解を作者の鋭い歴史観や古人の理念を元に理論を一から構築していく、歴史小説としては斬新な作品となっている。ア列で揃えたヒロインのネーミングなど、くすぐりやユーモア味も豊富で、その側面とパズル趣味を全開させたのが千葉千波シリーズである。ちなみに、このシリーズの語り手の本名は最後まで(「怪奇日記」末尾で一区切りとする記述がある)明かされなかったが、複数のニックネームや会話から推定可能になっている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第9回 メフィスト賞

高田 崇史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高田 崇史の著書を検索する

高田 崇史の関連ニュース


高田 崇史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高田 崇史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高田 崇史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.