高浜 虚子

(タカハマ・キョシ)
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体:高濱 虛子、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体:高濱 淸)。 ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。 愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)に旧松山藩士・池内政忠の五男として生まれた。9歳の時に祖母の実家、高濱家を継ぐ。 1888年(明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学。1歳年上の河東碧梧桐と同級になり、彼を介して正岡子規に兄事し俳句を教わる。1891年(明治24年)子規より虚子の号を授かる。名前の末尾に「子」と付くため、女性に間違われやすいが男性である。「虚子(キョシ)」の名は本名の「清(キヨシ)」に由来しているため「こ」ではなく「し」と読む。 1893年(明治26年)、碧梧桐と共に京都の第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)に進学。この当時の虚子と碧梧桐は非常に仲が良く、寝食を共にしその下宿を「虚桐庵」と名付けるほどだった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高浜 虚子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

子規句集 (岩波文庫)


高浜 虚子 編集 /
岩波書店

子規句集 (ワイド版岩波文庫)


高浜 虚子 編集 /
岩波書店

アンソロジー お弁当。


阿部了 写真 /
パルコ

新歳時記



三省堂

俳句の作りよう (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-12-12
大正三年の刊行から一〇〇刷以上を重ね、ホトトギス、ひいては今日の俳句界発展の礎となった、虚子の俳句実作入門。女性・子ども・年配者にもわかりやすく、今なお新鮮な示唆に富む幻の名著。

新歳時記


高浜 虚子 編集 /
三省堂

新歳時記



三省堂

虚子自伝 (1955年)



朝日新聞社

定本高浜虚子全集〈第13巻〉自伝・回想集 (1973年)



毎日新聞社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□定本 高濱虚子全集第十三巻 自

高浜 虚子の著書を検索する

高浜 虚子の関連ニュース


高浜 虚子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高浜 虚子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高浜 虚子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.