高橋 源一郎

(タカハシ・ゲンイチロウ)
高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。 散文詩的な文体で言語を異化し、教養的なハイカルチャーからマンガ・テレビといった大衆文化までを幅広く引用した、パロディやパスティーシュを駆使する前衛的な作風。日本のポストモダン文学を代表する作家の一人である。 生い立ち、大学紛争 広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校在学時に自転車屋が廃業。また父の経営していた鉄工所が倒産。1959年、東京の大泉学園に移り住む。練馬区立大泉東小学校に入学するも、尾道に戻り土堂小学校に転校しなおす。1960年、東京の千歳船橋に移り住む。世田谷区立船橋小学校に転校。1963年4月、麻布中学校に入学。1964年1月、灘中学校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。同級生の竹信悦夫から多大な影響を受けた。1966年4月、灘高校に入学。高校時代より無党派のデモに参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 三島由紀夫賞 / 第48回 谷崎潤一郎賞

高橋 源一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)



講談社 2015-05-15
詩人の「わたし」と恋人の「S・B(ソング・ブック)」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高の作品だと思う。村上春樹があ

猫なんて!



キノブックス

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))



岩波書店
   世の中には小説の書き方に関する本があふれている。そういった本の読者の大半は、小説を書きたい、あわよくば小説家になりたい人だろう。しかし、本書の「少し長いまえがき」の中で、高橋源一郎は早々に断言す

一億三千万人のための 小説教室 (岩波新書)



岩波書店 2014-12-18
小説は教わって書けるようになるのか? 小説はどう発展してきたのか? 小説にとって重要なのは,ストーリーか,キャラクターか,それとも,描写なのか? こうした疑問に答える,刺激的で実践的な教室.さまざまな

枕草子/方丈記/徒然草 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集07)


酒井 順子 翻訳 /高橋 源一郎 翻訳 /内田 樹 翻訳 /
河出書房新社

読んじゃいなよ!――明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ


高橋 源一郎 編集 /鷲田 清一 その他 /長谷部 恭男 その他 /伊藤 比呂美 その他 /
岩波書店


高橋 源一郎の著書を検索する

高橋 源一郎の関連ニュース


高橋 源一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高橋 源一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高橋 源一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.