高橋 和巳

(タカハシ・カズミ)
高橋 和巳(たかはし かずみ、1931年8月31日 - 1971年5月3日)は、日本の小説家で中国文学者。夫人は小説家の高橋たか子。中国文学者として、中国古典を現代人に語る事に努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。自然科学にも関心が深く、特に、相対性理論に関する造詣が深かった。癌で39歳の若さで他界した。 1931年8月 大阪市浪速区で誕生。 1944年4月 大阪府立今宮中学(現・大阪府立今宮高等学校)入学。 1945年4月 母・慶子の郷里である香川県に疎開し、香川県立三豊中学(現・香川県立観音寺第一高等学校)に編入学。 1948年3月 大阪府立今宮中学卒業。旧制松江高校入学。 1949年7月 新制京都大学入学。在学中は、「京大文芸同人会(京大作家集団)」、「ARUKU」、「現代文学」などで活動。学友に小松左京、大島渚がいる。 1954年3月 京都大学文学部中国語中国文学科卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高橋 和巳の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

「母と子」という病 (ちくま新書)



筑摩書房 2016-12-22
人間に大きな心理的影響を与える存在は、「母」である。人は、人生で一番大切な「安心」「甘え方」を母親に教えてもらうのだ。ここでは、母親を三つのタイプに分け、それぞれで子がどんな心の病になるのかを分析し、

邪宗門 上 (河出文庫)



河出書房新社

邪宗門 下 (河出文庫)



河出書房新社


高橋 和巳の著書を検索する

高橋 和巳の関連ニュース


高橋 和巳のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高橋 和巳と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高橋 和巳」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.