高橋 揆一郎

(タカハシ・キイチロウ)
高橋 揆一郎(たかはし きいちろう、1928年4月10日 - 2007年1月31日)は、日本の小説家。本名、良雄(よしお)。北海道歌志内市出身。
札幌の夜間中学校卒業後、歌志内市で代用教員を勤め同人雑誌「白楊」に参加。退職し北海道第一師範学校(現・北海道教育大学札幌校)に入るが中退、住友石炭鉱業に入社し、社内報の編集に携わる。この間同人活動を続け、1970年に退社しイラストレーターとなる。
処女作は北海道新聞文学賞に投稿。1973年に「ぽぷらと軍神」で文學界新人賞を受賞してデビュー。1977年に北海道新聞文学賞を受賞した「観音力疾走」などは芥川龍之介賞 芥川賞候補に。1978年に「伸予」で北海道在住の作家としては初めて芥川賞を受賞した。このほかの作品に新田次郎文学賞を受けた自伝的作品『友子』など。歌志内公園の一角に文学碑が建立されている。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第79回 芥川賞 / 第37回 文學界新人賞

高橋 揆一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

伸予 (1978年)



文藝春秋

観音力疾走・木偶おがみ



東京新聞出版部

伸予



文藝春秋

友子



河出書房新社

蛙鳴(あめい)三昧



北海道新聞社

縄のれん放談



北海タイムス社


高橋 揆一郎の著書を検索する

高橋 揆一郎の関連ニュース


高橋 揆一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高橋 揆一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高橋 揆一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.