高橋 新吉

(タカハシ・シンキチ)
高橋 新吉(たかはし しんきち、1901年(明治34年)1月28日 - 1987年(昭和62年)6月5日)は、日本のダダイスト詩人。 愛媛県伊方町出身。八幡浜商業学校(現・愛媛県立八幡浜高等学校)を中退し、以後、放浪がちの生涯を送った。1920年(大正9年)「萬朝報」の懸賞短編小説に『焔をかゝぐ』で入選、小説家としてデビュー。その後詩作に転ずる。 1923年(大正12年)、詩集「ダダイスト新吉の詩」は「DADAは一切を断言し否定する」で始まり、「皿」は、食堂の皿洗いをしていた時の心境を「皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿皿/倦怠」と表現した(本来縦書きで、皿が積み重なるさまを示している)。 1928年(昭和3年)、郷里で禅僧の話を聞いてから禅に傾倒し、禅-超越-形而上学の詩という特異な世界を作る。 若い頃の性急なダダから、次第に、仏教・禅に興味を向け、独自の詩的境地を開いて「ダダの新吉」と呼ばれた。 新吉の詩の中で知られているものは、『るす』などがある。詩の中で、5億年とは、弥勒菩薩が地上に現れるまでの期間をさす。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高橋 新吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

無門関 (1978年)



法蔵館

空洞―詩集 (1981年)



立風書房

詩と禅 (1969年)



宝文館出版


高橋 新吉の著書を検索する

高橋 新吉の関連ニュース


高橋 新吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高橋 新吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高橋 新吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.