高橋 哲哉

(タカハシ・テツヤ)
高橋 哲哉(たかはし てつや、1956年3月28日 - )は、日本の哲学者。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。 哲学者としての出発点 福島県生まれ。福島県立福島高等学校を経て、1978年に東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。1983年、東京大学大学院博士課程満期退学。1983年、南山大学講師。1986年、東京大学教養学部専任講師。1987年、総合文化研究科助教授。2003年、教授(超域文化科学・表象文化論)。 大学院時代は坂部恵の指導を受けた。当初はフッサールやメルロー=ポンティなどオーソドックスな現象学研究からスタートしたが、フランスの哲学者であるジャック・デリダに関心を寄せ、その現象学批判にとどまらず、政治・社会哲学にまつわる側面の紹介や解説を積極的に行っている。同時に表象文化論のコンテクストから、戦争やジェノサイド(ホロコーストなど)に関する歴史・記憶・責任等に関する表象と言説を研究対象ともしている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高橋 哲哉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高橋 哲哉の著書を検索する

高橋 哲哉の関連ニュース


高橋 哲哉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高橋 哲哉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高橋 哲哉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.