高井 有一

(タカイ・ユウイチ)
高井 有一(たかい ゆういち、1932年4月27日 - )は、日本の小説家。内向の世代の作家の一人。本名は田口哲郎。日本芸術院会員。 祖父は角館町出身の小説家だった田口掬汀(たぐちきくてい)。父は画家の田口省吾(しょうご)。 坪田譲治文学賞選考委員。 来歴・人物 1932年4月27日、父田口省吾、母信子の長男として、東京府北豊島郡長崎町に生まれる。成蹊高等学校で中村草田男の授業を受け、成蹊大学に進学した。1952年に早稲田大学第二文学部英文学科に編入し、1955年に卒業した。 共同通信社文化部記者として勤務する傍ら、1964年7月、同人雑誌『犀』の創刊に参加。1965年4月に「夏の日の影」を発表し、同人の立原正秋、加賀乙彦、後藤明生らの知遇を得る。 1965年10月に『犀』に発表した「北の河」で、1965年度下半期の芥川龍之介賞を受賞する。 1975年に共同通信社を退社、作家専業となる。 1977年から刊行された季刊雑誌『文体』(平凡社)で、古井由吉、坂上弘、後藤明生とともに責任編集者を務めた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第54回 芥川賞 / 第55回 野間文芸賞 / 第41回 読売文学賞小説賞 / 第20回 谷崎潤一郎賞

高井 有一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高井 有一の著書を検索する

高井 有一の関連ニュース


高井 有一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高井 有一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高井 有一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.