高見 順

(タカミ・ジュン)
高見 順(たかみ じゅん、本名・高間芳雄、1907年1月30日 - 1965年8月17日)は日本の小説家、詩人。 1907年福井県知事阪本釤之助の非嫡出子として福井県坂井郡三国町(現坂井市三国町)平木に生まれる。母・高間古代(コヨ)は阪本が視察で三国を訪れた際に夜伽を務めた女性。 1908年母と共に上京。実父と一度も会うことなく、東京麻布飯倉にあった父の邸宅付近の陋屋に育つ。私生児としてしばしばいじめを受けた。阪本家からは毎月10円の手当てを受けていたがそれでは足りず、母が針仕事で生計を立てた。1924年東京府立第一中学校卒業、第一高等学校文科甲類入学。一高社会思想研究会に入会。1925年ダダイスムの雑誌「廻転時代」を創刊。1926年校友会文芸部委員に就任。1927年一高卒業、東京帝国大学文学部英文学科入学。同人雑誌「文芸交錯」創刊に参加。1928年左翼芸術同盟に参加、機関紙「左翼芸術」に小説『秋から秋まで』を発表。東大内の左翼系同人雑誌7誌が合同して「大学左派」創刊に参加。劇団制作座の仕事に従事し劇団員だった石田愛子と知り合った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 野間文芸賞

高見 順の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高見 順の著書を検索する

高見 順の関連ニュース


高見 順のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高見 順と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高見 順」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.