高村 薫

(タカムラ・カオル)
高村 薫(たかむら かおる、1953年2月6日 - )は、日本の作家・小説家。女性。本名は林 みどり。独身。 大阪府大阪市東住吉区生まれ。大阪府吹田市在住。1971年、同志社高等学校卒業。1975年、国際基督教大学教養学部人文学科卒業(専攻はフランス文学)、卒業後は外資系商社勤務。現在、高村の「高」は、「髙」(はしご高)に統一されている。 1989年、『リヴィエラ』で第2回日本推理サスペンス大賞最終候補。 1990年、『黄金を抱いて翔べ』で第3回日本推理サスペンス大賞受賞。 1992年 『神の火』で第5回山本周五郎賞候補。 『リヴィエラを撃て』で第11回日本冒険小説協会大賞受賞。 「アルコホリック・ホテル」で第45回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。 咲くやこの花賞受賞。 1993年 『リヴィエラを撃て』で第6回山本周五郎賞候補、第46回日本推理作家協会賞長編部門受賞。 「ステーション・パーラー」で第46回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。 『わが手に拳銃を』で第14回吉川英治文学新人賞候補。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第109回 直木賞 / 第61回 読売文学賞小説賞

高村 薫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高村 薫の著書を検索する

高村 薫の関連ニュース


高村 薫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高村 薫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高村 薫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.