高村 光太郎

(タカムラ・コウタロウ)
高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年(明治16年)3月13日 - 1956年(昭和31年)4月2日)は、日本の詩人・彫刻家。東京府東京市下谷区下谷西町三番地(現在の東京都台東区東上野一丁目)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」と読む。 日本を代表する彫刻家であり、画家でもあったが、今日にあって『道程』、『智恵子抄』等の詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載されており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。著作には評論や随筆、短歌もある。能書家としても知られる。弟は鋳金家の高村豊周。甥は写真家の高村規で、父である高村光雲等の作品鑑定も多くしている。 生涯 1883年(明治16年)に彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、練塀小学校(現在の台東区立平成小学校)に入学。1896年(明治29年)3月、下谷高等小学校卒業。同年4月、共立美術学館予備科に学期の途中から入学し、翌年8月、共立美術学館予備科卒業。 1897年(明治30年)9月、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高村 光太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高村 光太郎の著書を検索する

高村 光太郎の関連ニュース


高村 光太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高村 光太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高村 光太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.