高群 逸枝

(タカムレ・イツエ)
高群 逸枝(たかむれ いつえ、本名:イツエ、1894年(明治27年)1月18日 - 1964年(昭和39年)6月7日)は、日本の詩人・民俗学者・日本の「女性史学」の創設者である。 熊本県下益城郡豊川村南豊崎(現宇城市)に、小学校校長であった高群勝太郎(嶇泉)の長女として誕生。若い頃より詩人として活躍し、九州新聞などで短歌や詩を発表する。のち、東京にその活躍場所を求めて移転する。アナーキズムと出会って女性史研究を志し、平塚らいてうと共に女性運動を始める傍ら、女性史研究を進め、『母系制の研究』や『招婿婚の研究』などの業績を残し、女性史研究分野の発展に寄与した。 1894年 熊本県下益城郡豊川村に誕生 1909年 熊本県立熊本師範学校女子部入学 1910年 師範学校退学 1912年 熊本女学校4年に編入 1913年 熊本女学校修了。鐘淵紡績に女工として就職 1914年 西砥用尋常高等小学校の代用教員に就任。のち、父が校長をしている佐俣小学校へ転属 1916年 父と共に払川小学校へ転属。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高群 逸枝の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高群逸枝全集 第2巻 招婿婚の研究 1


橋本 憲三 編さん /
理論社

娘巡礼記 (岩波文庫)



岩波書店

娘巡礼記 (朝日選書 128)



朝日新聞社出版局

娘巡礼記

¥2592
堀場清子 編集 /
朝日新聞出版 2013-03-15

大日本女性人名辞書 (1980年)



新人物往来社

高群逸枝全集 第8巻 日月の上に


橋本 憲三 編さん /
理論社

高群逸枝全集 第9巻 小説/随筆/日記


橋本 憲三 編さん /
理論社
高群逸枝全集 第9巻 小説/随筆/日記 [Oct 01, 1966] 高群 逸枝; 橋本 憲三 …

高群 逸枝の著書を検索する

高群 逸枝の関連ニュース


高群 逸枝のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高群 逸枝と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高群 逸枝」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.