高野 史緒

(タカノ・フミオ)
高野 史緒(たかの ふみお、女性、1966年 - )は、日本の小説家。本名・井上久美子。茨城県土浦市出身。茨城大学人文学部卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程(フランス近世史専攻)修了。日本SF作家クラブ会員。日本・ロシア協会普通会員。日本文藝家協会会員。 1988年、ニジンスキーをテーマとしたバレエ入り演劇脚本『エレヴァシオン』で第2回青山円形劇場脚本コンクールに佳作受賞(優秀作無しの年)。1994年、第6回日本ファンタジーノベル大賞に応募。『ムジカ・マキーナ』で最終選考を通過し、翌1995年、同作品で新潮社からデビューした。2012年「カラマーゾフの妹」で第58回江戸川乱歩賞受賞。 ヨーロッパを舞台とした、芸術と歴史、ことに音楽をテーマとしたSF的歴史改変小説を得意とする。 夫はロシア映画研究者の井上徹。2008年の長編『赤い星』以来、ロシア文化への傾斜を強くしている。 作品リスト 単行本 (長編) 『ムジカ・マキーナ』(1995年 新潮社 / 2002年 ハヤカワ文庫) 『カント・アンジェリコ』(1996年 講談社 / 2013年 講談社文庫) 『架空の王国』(1997年 中央公論社 / 2006年 ブッキング) 『ヴァスラフ』(1998年 中央公論社) ウィーン薔薇の騎士物語シリーズ 『仮面の暗殺者』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア) 『血の婚礼』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア) 『虚王の歌劇』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア) 『奏楽の妖精』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア) 『幸福の未亡人』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア) 『アイオーン』(2002年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション) 『ラー』(2004年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション) 『赤い星』(2008年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション) 2010年2月現在、ペテルブルクのテラ・ファンタスチカ(Terra Fanatastica)社にて、ロシア語版作成中。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第58回 江戸川乱歩賞

高野 史緒の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ビッグバンとインフレーション: 世界一短い最新宇宙論入門 (Kindle Single)


高野 史緒 翻訳 /
2016-01-27
英米Amazonでトップクラスの話題の書、ついに待望の日本語版が登場!「ピッグバンは宇宙の始まりではない」。近年よく目にするフレーズだが、何のことなのか、短時間にスッキリと理解

カラマーゾフの妹



講談社

カラマーゾフの妹



講談社 2013-03-29
ドストエフスキーの書いた世界文学の金字塔『カラマーゾフの兄弟』には、書かれていない第二部がある。父殺し事件の真犯人が別にいることは、第一部を詳細に読めば明らかなのだ。事件から十三年後、カラマーゾフ家の

ムジカ・マキーナ



新潮社

カント・アンジェリコ (講談社文庫)



講談社 2013-04-12
《去勢歌手》(カストラート)が奏でる天使の歌(カント・アンジェリコ)! 人を狂わせるカストラートの真実。甘く危険な謎をパリ・ルーヴル宮に追え!サイバー・バロックの刺激に満ちたサスペンス。(講談社文庫)

ラー (SFシリーズ)



早川書房


高野 史緒の著書を検索する

高野 史緒の関連ニュース


高野 史緒のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高野 史緒と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高野 史緒」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.