高野 和明

(タカノ・カズアキ)
高野 和明(たかの かずあき、1964年10月26日 - )は、日本の小説家・脚本家。東京都生まれ。ロサンゼルス・シティー・カレッジ映画科中退。日本推理作家協会会員。 生い立ち 小学二年生のときに『激突!』を見たことをきっかけにハリウッド映画に夢中になる。映画監督を志すようになり、小学六年生のときに8ミリ映画を撮り始める。中学、高校時代は映画研究会に所属。1983年、高校二年生のときに書き始めて大学浪人時代に完成した脚本「幽霊」が第9回城戸賞の最終候補になる。1984年、選考委員をしていた東宝映像の専務に岡本喜八を紹介される。1985年から岡本喜八の門下に入り、映画やテレビ、Vシネマの撮影現場でメイキング演出やスチルカメラなどを担当。1989年に渡米し、ロサンゼルス・シティー・カレッジ映画科で映画演出・撮影・編集を学びながら、ABCネットワークのスタッフとして働く。 脚本家時代 1991年、日本からVシネマの監督をやらないかという話が来たのをきっかけに帰国し、映画・テレビなどの脚本家として活動。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第47回 江戸川乱歩賞

高野 和明の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

13階段 (講談社文庫)



講談社
13階段 (講談社文庫) [文庫] [Aug 10, 2004] 高野 和明

13階段



講談社
無実の死刑因を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の

13階段 (文春文庫)



文藝春秋 2012-03-09

ジェノサイド 下 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2013-12-25

ジェノサイド 上 (角川文庫)


. その他 /
KADOKAWA/角川書店 2013-12-25

ジェノサイド



角川書店(角川グループパブリッシング)

幽霊人命救助隊 (文春文庫)



文藝春秋
幽霊人命救助隊 (文春文庫) 文庫 – 2007/4 高野 和明 (著)

幽霊人命救助隊



文藝春秋


高野 和明の著書を検索する

高野 和明の関連ニュース


高野 和明のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高野 和明と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高野 和明」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.