高野 素十

(タカノ・ソジュウ)
高野 素十(たかの すじゅう、1893年3月3日 - 1976年10月4日)は、茨城県出身の俳人、医師(医学博士)。高浜虚子に師事。虚子の唱えた「客観写生」を忠実に実践、簡潔で即物的な写生句で頭角を現し、山口誓子、阿波野青畝、水原秋桜子とともに「ホトトギス」の四Sと称された。「芹」主宰。本名は高野与巳(よしみ)。 生涯 1893年、茨城県北相馬郡山王村(現取手市神住)に生まれる。農家の長男で、小学校卒業まで利根川とその支流貝木川に囲まれた美しい田園地帯で育った。1905年、新潟県長岡市に住む叔父のもとに寄宿し新潟県立長岡中学校に入学。第一高等学校を経て、1913年に東京帝国大学医学部に入学。 1918年大学卒業。法医学教室に入局し、法医学および血清学を専攻する。同じ教室の先輩に水原秋桜子がおり、秋桜子の勧めで1923年より句作を開始。なお医学部教室毎の野球対抗戦では、素十が投手、秋桜子が捕手でバッテリーを組むなどしている。同年より東大俳句会に所属、「ホトトギス」12月号において初投句にして4句が入選。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高野 素十の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高野素十自選句集



永田書房

現代一〇〇名句集 (5)



東京四季出版

素十全句集 (1979年)



永田書房

空―高野素十句集 (ふらんす堂文庫)


倉田 紘文 編集 /
ふらんす堂

句集 初鴉



菁柿堂


高野 素十の著書を検索する

高野 素十の関連ニュース


高野 素十のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高野 素十と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高野 素十」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.