高島 俊男

(タカシマ・トシオ)
高島 俊男(たかしま としお、1937年1月16日 - )は、日本の中国文学者、エッセイストである。兵庫県相生市出身。 学歴 兵庫県立姫路東高等学校卒業。 東京大学経済学部卒業。 東京大学文学部中国文学科卒業。 同大学院人文科学研究科修了。 人物・来歴 東京大学経済学部を卒業後、銀行に5年勤めたが、大学院人文科学研究科中国文学科に入り、前野直彬らの指導の下で学んだ。文革後の中国文学、唐詩、「水滸伝」などの研究が中心。 岡山大学助教授を務めていたが辞職。以降は在野の研究者だが、1994年-1997年には愛知大学で非常勤講師として中国近現代文学を講義している。 1991年、『水滸伝』を論じた『水滸伝と日本人 江戸から昭和まで』で第5回大衆文学研究賞受賞。1995年、『本が好き、悪口言うのはもっと好き』で第11回講談社エッセイ賞。 『毎日新聞』の書評「今週の本棚」で『水滸伝の世界』が丸谷才一によって採り上げられ、賞賛を受ける。また、高島は『水滸伝と日本人』のあとがきで、母親が死んだ後いきなり丸谷を訪ねたことを書いている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高島 俊男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)



講談社 2013-07-26
秘かに待望されてきた幻の完全版ついに刊行。名著のほまれ高い『中国の大盗賊』で割愛されていた150枚を完全収録。陳勝や高祖から毛沢東まで、縦横無尽に活躍する「盗賊」の姿を活写する中国史の決定版! (講談

漢字と日本語 (講談社現代新書)



講談社 2016-04-22
「外来語」はいつからあるのか?「復原」と「復元」、「降伏」と「降服」のちがいは?「空巣」の意味は、年寄りだけの家!?「健康」「積極」「場合」は中国が日本から取り入れた外来語だった。俗字、異体字、略字の

水滸伝人物事典



講談社


高島 俊男の著書を検索する

高島 俊男の関連ニュース


高島 俊男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高島 俊男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高島 俊男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.