高杉 良

(タカスギ・リョウ)
高杉 良(たかすぎ りょう、1939年1月25日 - )は、日本の小説家。ビジネスマン小説の巨匠として知られる。 東京府(現東京都)出身。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。 業界紙の『石油化学新聞』に入社後、編集長まで務める。業界紙に務めている時に急性肝炎で入院し、会社に対して負い目を感じたことに加え、小学校からの友人だった大竹堅固(当時日本経済新聞記者)から小説を書くことを薦められて、作家として身を立てることを決意した。 1975年に『虚構の城』で作家デビューする。余りにリアリティーのあるストーリー展開だったために、モデルとなった出光興産の社員による内部告発ではないかと噂されるほど反響が大きかった。その後もサラリーマンの立場に立って数々の経済小説を著す。 初期の作品は、大物ではないながらも逞しく生きるサラリーマン像(ミドル)を描いたものが多いが、時代が下るにつれて、よりダイナミックな起業家や経営者、組織の腐敗にスポットを当てるようになった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

高杉 良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(7) (週刊現代コミックス)



講談社 2017-05-23
舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、頭取からの特命に追われていた。標的は住宅金融債権管理機構の社長で「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管の不良債権を調査す

めぐみ園の夏



新潮社

組織に埋れず (新潮文庫)



新潮社 2017-04-28

勁草の人 中山素平 (文春文庫)



文藝春秋 2017-03-10

大脱走 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-03-25
石川島播磨重工(IHI)の情報システム室開発センター所長の碓井優は、会社の事業縮小の命を受け辞表を決意。彼の姿を見たシステムエンジニアたちも次々に“脱藩”。その数はついに80人となった。IHI側の切り

燃ゆるとき (角川文庫)



角川書店 2005-09-18

燃ゆるとき<燃ゆるとき> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-08-13
わずか4パーセントの生存率といわれるノモンハンの激戦を生き抜いた森和夫は、「どんな苦労も苦労のうちに入らない」と、築地魚市場の片隅に従業員4人で起業した。商社の横暴、ライバル起業との特許抗争、米国進出

高杉 良の著書を検索する

高杉 良の関連ニュース


高杉 良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、高杉 良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「高杉 良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.