武井 武雄

(タケイ・タケオ)
武井 武雄(たけい たけお、1894年6月25日-1983年2月7日)は、童画家、版画家、童話作家、造本作家である。 童話の添え物として軽視されていた子供向けの絵を「童画」と命名し、芸術の域にまで高めた。武井武雄の童画は、大胆な構図や幾何学的な描線によって、モダンかつナンセンスな味わいを感じさせ、残された作品はいまもって古びていない。「コドモノクニ」をはじめとした児童雑誌の挿画、版画、図案(デザイン)、おもちゃの研究・創作「イルフ・トイス」、本自体を芸術作品と捉えた「刊本作品」、童画批評など多岐多彩な分野で作品を残した。 1894年 長野県平野村(現岡谷市)西堀の裕福な地主の家に生まれる(父:慶一郎 母:さち)。武井家は諏訪藩で御中小姓を代々務め、藩の御用の傍ら、私塾(無事庵)を開き地域の子ども達の教育に熱心に取り組んだ。武雄の父慶一郎も平野村長を務めるなど地域に貢献した人物であった。その慶一郎の一人息子である武雄は、幼い頃は病弱で、多くの時間を家の中で過ごし、友達も少なかった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

武井 武雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

イソップものがたり 最新版


楠山 正雄 編集 /
富山房企畫

MOE(モエ)2017年3月号【特集:かこさとし絵本大博覧会 ふろく:だるまちゃんクリアファイル】


かこさとし その他 /加古里子 その他 /ヒグチユウコ その他 /石黒亜矢子 その他 /鈴木のりたけ その他 /tupera tupera その他 /なかやみわ その他 /ヨシタケシンスケ その他 /菊池亜希子 その他 /リサ・ラーソン その他 /武井武雄 その他 /高山なおみ その他 /
白泉社 2017-02-03

九月姫とウグイス (岩波の子どもの本)


武井 武雄 イラスト /William Somerset Maugham 原著 /光吉 夏弥 翻訳 /
岩波書店

アイウエ王とカキクケ公 (童心社の絵本 20)


三芳 悌吉 イラスト /武井 武雄 原著 /
童心社

宮沢賢治童話集



中央公論社

ラムラム王



銀貨社

完訳 肉蒲団 (平凡社ライブラリー)


武井 武雄 イラスト /伏見 冲敬 翻訳 /
平凡社

木にとまりたかった木のはなし


武井 武雄 イラスト /
河出書房新社

木にとまりたかった木のはなし


武井 武雄 イラスト /
岩崎書店


武井 武雄の著書を検索する

武井 武雄の関連ニュース


武井 武雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、武井 武雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「武井 武雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.