嶽本 野ばら

(タケモト・ノバラ)
嶽本 野ばら(たけもと のばら、1968年1月26日 - )は、日本の作家、エッセイスト。本名:嶽本 稔明(たけもと としあき)。代表作は『下妻物語』など。 京都府宇治市出身。 誕生年は1745年(ロココ朝全盛期)であると自称しており、実年齢は非公開。ただし後述の事件で逮捕された際に一部報道で実年齢を明かされてしまったことがある。 幼少時代は読書に否定的な両親のもとで、横溝正史などを隠れて読み育った。 大阪芸術大学芸術学部文芸学科中退後、1987年から美術、音楽、演劇などの活動を行う。 1990年、雑貨店「SHOPへなちょこ」の店長となる。 1992年から1997年まで、関西のフリーペーパー『花形文化通信』にエッセイ「それいぬ――正しい乙女になるために」を連載し熱狂的支持を受けたことがきっかけとなり、1998年『花形文化通信』での連載をまとめたエッセイ集『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会)が単行本化され、以降雑誌などにエッセイを発表して少女たちの支持を集める。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

嶽本 野ばらの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

嶽本 野ばらの著書を検索する

嶽本 野ばらの関連ニュース


嶽本 野ばらのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、嶽本 野ばらと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「嶽本 野ばら」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.