竹内 てるよ

(タケウチ・テルヨ)
竹内 てるよ(たけうち てるよ、1904年(明治37年)12月21日 - 2001年(平成13年)2月4日)は、北海道出身の詩人、小説家、霊能者。 銀行員と芸者との間に札幌市で生まれるが、生後すぐに釧路の父方の祖父母に引き取られる。 2002年9月29日、スイスのバーゼルで開催された 「国際児童図書評議会」 (IBBY) 創立50周年記念大会で、日本の美智子皇后がスピーチの中で代表作「頬」を引用したことから、改めて注目されるようになった。 自伝小説『海のオルゴール』は、これまで2回TVドラマ化されている。 著作 『曙の手紙』黒潮時代社、1930 『大きくなつたら : 渓文社満二ケ年紀念出版』渓文社、1932 『第二曙の手紙 : 竹内てるよ詩文集』渓文社、1932 『花とまごころ : 竹内てるよ詩集』渓文社、1933 『葡萄 : 竹内てるよ作品集』渓文社、1934 『静かなる愛』第一書房、1940 『悲哀あるときに』第一書房、1940 『生命の歌』第一書房、1941 『灯をかかぐ』文昭社、1942 『微笑少女』弘学社、1943 『雪のある素描』鄰友社、1943 『美しき朝』明治美術研究所、1943 『花を献ず』有光社、1943 『潔くあれ』黎明社、1944 『若人に光あれ : 文学パンフレット』文化交流社、1945 『能のをみなたち』南北書園、1946 『生命の歌』南北書園、1946 『黎明の書』萬里閣、1946 『いのち新し : 自選詩集』目黒書店、1946 『霜の来る朝』目黒書店、1946 『永遠の花』(大和秘歌、流転、炎天下)六都書店、1946 『銀の逸矢 : 少女詩集』利根屋書店、1947 『夕月』第一書店、1947 『子供部屋 : 童詩集』愛育社、1949 『花と母性』(女性新書)印刷局、1949 『靜かなる生存』中部文學社、1949 『生命の歌』白林社、1949 『生と死とのあひだ』保健同人社、1950 『わが愛の書』東和社、1950 『愛と孤独と』寶文館、1950 『ひかり立ちぬ』協立書店、1951 『いのち新し』主婦之友社、1952(新装版『いのち新し-魂の詩人・竹内てるよの遺作』たま出版、2003) 『竹内てるよ作品集』(1-4)宝文館、1952 『母 : この最後なるもの』実業之日本社、1957 『傷の中の青春』実業之日本社、1957 『花とメノコと』第二書房、1958 『この涙を明日に残して』番町書房、1966 『わたしの花束 : 生活詩集』生活文化社、1967 『海のオルゴール : 子にささげる愛と詩』家の光協会、1977(『海のオルゴール : 女声合唱曲集 : 子にささげる愛と詩』大中恩作曲、カワイ出版、1978。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

竹内 てるよの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

マナーの正体



中央公論新社

ニーダム・コレクション (ちくま学芸文庫)


Joseph Needham 原著 /牛山 輝代 翻訳 /山田 慶兒 翻訳 /竹内 廸也 翻訳 /内藤 陽哉 翻訳 /
筑摩書房


竹内 てるよの著書を検索する

竹内 てるよの関連ニュース


竹内 てるよのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、竹内 てるよと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「竹内 てるよ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.