滝口 悠生

(タキグチ・ユウショウ)
滝口 悠生(たきぐち ゆうしょう、1982年10月18日 - )は、日本の小説家。東京都八丈町生まれ、埼玉県入間市出身。早稲田大学第二文学部中退。 1982年、東京都八丈町に生まれる。生後半年で埼玉県入間市へ転入。 1983年、1歳半より入間市にて育つ。 2000年、入間市立扇小学校、入間市立向原中学校を経て、埼玉県立所沢高等学校を卒業。 2005年、早稲田大学第二文学部入学(その後3年ほどで中退)。 2011年、「楽器」で第43回新潮新人賞小説部門受賞。 2014年、『寝相』で第36回野間文芸新人賞候補。 2015年、『愛と人生』で第28回三島由紀夫賞候補、第37回野間文芸新人賞受賞。「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」で第153回芥川龍之介賞候補。 2016年、「死んでいない者」で第154回芥川龍之介賞受賞。 作品リスト 『寝相』(新潮社、2014年3月) 寝相(『新潮』2013年10月号) わたしの小春日和(『新潮』2012年12月号) 楽器(『新潮』2011年11月号) 『愛と人生』(講談社、2015年1月) 愛と人生(『群像』2014年8月号) かまち(『群像』2014年4月号) 泥棒(『群像』2014年11月号) 『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』 (新潮社、2015年8月) - 初出:『新潮』2015年5月号 『死んでいない者』(文藝春秋、2016年1月) - 初出:『文學界』2015年12月号 脚注 外部リンク 『寝相』滝口悠生インタビュー 滝口悠生 (@takoguchiyusho) - Twitter。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第154回 芥川賞 / 第37回 野間文芸新人賞

滝口 悠生の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

死んでいない者



文藝春秋

死んでいない者 (文春e-book)



文藝春秋 2016-01-27
第154回芥川賞受賞作!秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。子ども、孫、ひ孫まで。一人ひとりが死に思いをめぐらせ、あるいは不在の人を思

寝相



新潮社

寝相



新潮社 2014-09-19
人生最後の日々を過ごす老人とその孫娘の静かな同居生活を描く「寝相」。失業中の男、元女番長、なぜか地面を這うようになった小学生が織り成す異色の群像劇「わたしの小春日和」。奇妙な美しさを放つ庭を男女四人の

ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス



新潮社 2016-01-22
東北へのバイク旅行。美術準備室でのできごと。そしてジミヘンのギター。2001年の秋からいくつかの蛇行を経て2011年の春までをつなぐ、頼りなくもかけがえのない、やわらかな記憶の連なり――。人と世界への

愛と人生



講談社

愛と人生



講談社 2015-02-27
「男はつらいよ」シリーズの子役だった「私」が27年の歳月を経て、当時の話を伊豆の温泉宿で「美保純」とする。「文章の緩急を使い分ける力量」と「非常に面白い戦略」─中条省平氏、「ご褒美のような幸福感のラス

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03


早稲田文学会 編集 /
早川書房


滝口 悠生の著書を検索する

滝口 悠生の関連ニュース


滝口 悠生のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、滝口 悠生と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「滝口 悠生」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.