瀧井 孝作

(タキイ・コウサク)
瀧井孝作(たきい こうさく、1894年(明治27年)4月4日 - 1984年(昭和59年)11月21日)は、日本の俳人、私小説作家。俳句を河東碧梧桐に師事し、小説を志賀直哉に兄事した。俳句で鍛えた散文の文体は、簡潔に強い。文化功労者。
岐阜県大野郡 (岐阜県) 大野郡高山町馬場通(現在の高山市大門町)に、新三郎 - ゆきの次男として生まれた。新三郎は名人と言われる指物師であった。
1900年(明治33年)6歳、高山尋常小学校へ入学。1906年、母ゆき没。町の魚問屋に丁稚奉公し、1908年、店の隣りの青年に俳句を教わった。1909年、全国俳句行脚で来た河東碧梧桐に認められ、句誌への投稿を始めた。号は『折柴』。読みは初め『おりしば』、碧梧桐に勧められて『せっさい』。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第20回 読売文学賞小説賞

瀧井 孝作の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猫 (中公文庫)


クラフト・エヴィング商會 編集 /
中央公論新社

近代作家研究叢書 (139)



日本図書センター

俳人仲間



新潮社

瀧井孝作全句集 (1974年)



牧羊社
『俳人仲間』により、日本文学大賞を受賞した著者の、処女句集『折柴句集』より現在に至る六十数年間の精粋を集めた待望の全句集。香り高く自在の境地はますます冴え、名著『俳人仲間』と表裏一体をなす。

瀧井 孝作の著書を検索する

瀧井 孝作の関連ニュース


瀧井 孝作のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、瀧井 孝作と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「瀧井 孝作」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.