滝沢 馬琴

(タキザワ・バキン)
『曲亭馬琴』より : 曲亭 馬琴(きょくてい ばきん、明和4年6月9日(1767年7月4日) - 嘉永元年11月6日(1848年12月1日))は、江戸時代後期の読本作者。本名は滝沢興邦(たきざわ おきくに、旧字体: 瀧澤興邦)で、後に解(とく)と改める。号に著作堂主人(ちょさくどうしゅじん)など(#名前について参照)。 代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』。ほとんど原稿料のみで生計を営むことのできた日本で最初の著述家である。 名前について 滝沢馬琴(たきざわ ばきん)の名でも知られるが、これは明治以降に流布した表記である。現在確認できる限り本人は滝沢(瀧澤)馬琴という筆名は用いていない。幼名は春蔵のち倉蔵(くらぞう)、通称は左七郎(さしちろう)、瑣吉(さきち)。著作堂主人のほか、笠翁(りつおう)、篁民(こうみん)、蓑笠漁隠(さりつぎょいん)、飯台陳人(はんだいちんじん)、玄同(げんどう)など、多くの別号を持った。 多数の別号は用途によって使い分けている。「馬琴」は戯作に用いる戯号としており、戯作ではない往来物の『雅俗要文』が無断刊行された際に「著作堂馬琴作」と記されたことに強い不快感を示している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

滝沢 馬琴の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

南総里見八犬伝 全4巻


山本 タカト イラスト /
偕成社
南総里見八犬伝は、その物語の面白さで映画や芝居にとりあげられ、時代ごとに新しい読者を得てきました。 その波瀾万丈のストーリーをわかりやすく、読みやすくしました。 この4巻は、発端の妖女

南総里見八犬伝〈1〉妖刀村雨丸


山本 タカト イラスト /
偕成社

南総里見八犬伝 (角川つばさ文庫)


こぐれ 京 その他 /滝沢 馬琴 その他 /久世 みずき その他 /
KADOKAWA / 角川書店 2014-01-29
家の使用人・荘介が、自分と同じアザ&不思議な玉をもつと知った武士・信乃。「ぼくたちはきっと、義兄弟なんだ!」信乃達は8人いるという兄弟を探す旅に出た! でもその旅路には多くの敵が!? 世紀の冒険が今始

南総里見八犬伝



成文社

南総里見八犬伝



著作館

南総里見八犬伝 (角川つばさ文庫)


永地 イラスト /滝沢 馬琴 その他 /
角川書店(角川グループパブリッシング)

南総里見八犬伝 (くもんのまんが古典文学館)


森 有子 イラスト /
くもん出版


滝沢 馬琴の著書を検索する

滝沢 馬琴の関連ニュース


滝沢 馬琴のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、滝沢 馬琴と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「滝沢 馬琴」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.