田宮 虎彦

(タミヤ・トラヒコ)
田宮 虎彦(たみや とらひこ、1911年8月5日 - 1988年4月9日)は、昭和期の小説家。 東京生まれ、神戸市に育つ。船員である父親の都合で転居を繰り返し、兵庫県立第一神戸中学校から第三高等学校を卒業。三高では彼の入学年度から保証教授制度により学生の管理が厳しくなったが「別に不自由な制度とは思わず、実に自由に遊び呆けて、三高生活に突入していった」と自ら明るい学生生活を振り返っている。 東京帝国大学文学部国文学科在学中から、同人誌『日暦』に参加し、小説「無花果」などを発表した。1936年、『人民文庫』創刊とともに参加するが、治安維持法により度重なる発禁処分を受けた人民文庫は廃刊。「沈没しようとしていた船からいち早く脱出した鼠」と古澤元は自主解散派だった田宮を評した。その後、女学校教師などをしながら小説修業を続ける。 1947年に『世界文化』に発表した「霧の中」で注目され、小説家生活に入る。精力的に作品を発表し、1951年『絵本』で毎日出版文化賞を受ける。 1956年11月、妻を胃癌で喪って悲嘆に暮れる。1957年、亡妻との往復書簡が『愛のかたみ』の題名で光文社から刊行されベストセラーとなり多くの日本人が感動した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田宮 虎彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

足摺岬 (集団読書テキストB17)



全国学校図書館協議会

足摺岬 (講談社文芸文庫)


小笠原 賢二 解説 /
講談社

花 (1964年)



新潮社


田宮 虎彦の著書を検索する

田宮 虎彦の関連ニュース


田宮 虎彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田宮 虎彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田宮 虎彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.