田辺 元

(タナベ・ハジメ)
『田邊元』より : 田辺 元(たなべ はじめ、1885年2月3日 - 1962年4月29日)は、日本の哲学者。旧字体で表記した場合は田邊 元となる。西田幾多郎とともに京都学派を代表する思想家。元京都大学教授、京都大学名誉教授。1947年帝国学士院会員、1950年文化勲章受章。 東京に生まれる。父は、東京の開成中学の校長を務め、逗子開成や鎌倉女学院を設立した田辺新之助。弟は黒田清輝に学んだ東京美術学校教授の田邊至。ピエール・ベール著作集の翻訳などで知られる東京都立大学教授、仏文学者の野沢協は甥。なお、田邊の夫人は藤村操の従姉妹である。したがって田邊がのちに対決することになる西田幾多郎の最初の全集の編者に名を連ねている安倍能成と田邊は、義理の従兄弟同士となる。安倍は藤村の妹を妻としているからである。 東京帝国大学理科に入学後、文科哲学科に転科、卒業。転科には、同様の軌跡を辿った一高時代の狩野亨吉校長に相談にのってもらった。のち沢柳政太郎総長下の東北帝国大学講師に就任。1918年「数理哲学研究」で博士号取得。翌年京都帝国大学教授の西田幾多郎は、みずからの後継者として田辺を京大に招聘して助教授として迎え入れた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田辺 元の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

科学概論



岩波書店

科学概論



岩波書店

ブッダ物語 (岩波ジュニア新書)



岩波書店
カスタマーレビューより抜粋します。 ①仏教は二千五百年ほど前にインドに実在したお釈迦さまが説かれた教えです。仏=ほとけ=ブッダ=悟った人。お釈迦さまが悟られた、つまり仏になられた内容が述べられます。そ

田辺 元の著書を検索する

田辺 元の関連ニュース


田辺 元のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田辺 元と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田辺 元」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.