田部 重治

(タナベ・ジュウジ)
田部 重治(たなべ じゅうじ、1884年(明治17年)8月4日 - 1972年(昭和47年)9月22日)は、日本の英文学者・登山家である。 生涯 富山県富山市長江(旧:富山県上新川郡山室村)生まれ。旧姓は南日で、長兄に英語教育者の南日恒太郎、次兄に英文学者の田部隆次がいる。 東京帝国大学英文科卒。在学中に木暮理太郎と知り合い、山への関心を深める。大学卒業後、海軍経理学校、東洋大学、法政大学などで講義をする。研究対象は19世紀の英文学で、ウォルター・ペイター、ウィリアム・ワーズワースなどを研究した。 登山家として日本アルプス、秩父山地を歩き、1919年(大正8年)に『日本アルプスと秩父巡礼』を刊行、1930年(昭和5年)に『山と渓谷』として出版される。日本アルプスを偉大な山として、秩父山地を緑の渓谷美としてその魅力を表現した。 また「只今のところ日本アルプスという名称によって総括されている山脈を概括的にあらわすべき適当な名称が無く、かつ今俄かに適当なる名称を創造することも出来ない為め」日本アルプスという名称を使う、として、アルプスという表現を日本の山にあてはめるのに抵抗を示している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田部 重治の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ワーズワース詩集 (岩波文庫 赤 218-1)


田部 重治 翻訳 /
岩波書店
ワーズワース詩集 (岩波文庫 赤 218-1)

獄中記 (角川文庫ソフィア)


田部 重治 翻訳 /
角川書店

山と溪谷 田部重治撰集 (ヤマケイ文庫)


近藤信行 編集 /
山と溪谷社 2013-07-12
山岳文学の古典的名作を新たに編集。先駆的登山と思索の道程山岳文学の古典中の古典『山と溪谷』が、新たな編集の目で精選されて文庫本として覆刻。山岳専門雑誌『山と溪谷』の名前のルーツとなった登山

新編 山と渓谷 (岩波文庫)


近藤 信行 編集 /
岩波書店

阿片常用者の告白 (1950年) (岩波文庫)


田部 重治 翻訳 /
岩波書店
これは作者(1785‐1859)の自叙伝である.幼少より才能を示した彼の学生生活,その後の家庭的不遇に基づく流浪生活,ロマンティックな愛,この流浪的生活の惨めさがやがてもたらした肉体的苦痛をまぎらすた

文芸復興 (岩波文庫 赤 238-1)


田部 重治 翻訳 /
岩波書店
これは単にペーター(1839‐1894)の傑作であるばかりでなく,イギリス文学において批評が創作でありうることを示した典型的なものといえる.ルネッサンス時代の芸術の優れた鑑賞が見出されるとともに,作者

田部 重治の著書を検索する

田部 重治の関連ニュース


田部 重治のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田部 重治と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田部 重治」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.