田中 光二

(タナカ・コウジ)
田中 光二(たなか こうじ、1941年2月14日 - )は、日本の小説家。SF作家、推理作家、冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。 日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)生まれ。父親は漕艇のオリンピック選手であり作家でもあった田中英光。私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。 高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。早稲田大学第二文学部英文科卒業。NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。1971年にNHKを退社後、『幻覚の地平線』で小説家としてデビューする。初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ、人気を博す。 1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞する。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞する。1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長を務めた。 2012年2月には著作が300冊となった。2月1日に日本SF作家クラブが主催で「田中光二さん300冊記念パーティ」が催された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 吉川英治文学新人賞

田中 光二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

Canon EOS 5D Mark IV オーナーズBOOK (Motor Magazine Mook)


カメラマン 編集 /
モーターマガジン社 2016-10-01

白熱(デッドヒート)



角川書店

超日米大戦 下 ミシシッピ遡航大作戦 超日米大戦シリーズ (学研M文庫)



学研プラス 2011-06-01
ハワイ無血占領に成功した後、遂に米本土上陸を果たした日本軍は、ラスベガスを攻略しロッキー山脈に迫った。一方、欧州よりパットンを召還した米軍は、中西部の大平原で大戦車軍団の会戦を画策。さらにパナマ運河で

本土決戦 コロネット作戦篇 (歴史群像新書)



学研プラス 2012-10-09
1945年3月、アメリカ軍が沖縄に上陸した。原爆投下が遅れ、つづいて九州にも侵攻した。遂に日本は本土決戦を余儀なくされることになる。絶対的不利な本土決戦を、シミュレーションの大御所が覆す、待望のシリー

本土決戦 オリンピック作戦篇 (歴史群像新書)



学研プラス 2012-07-09
1945年3月、アメリカ軍が沖縄に上陸した。原爆投下が遅れ、つづいて九州にも侵攻した。遂に日本は本土決戦を余儀なくされることになる。絶対的不利な本土決戦を、シミュレーションの大御所が覆す、待望の新シリ

10+1 No.40 特集=神経系都市論 身体・都市・クライシス (2005)


田中純 編集 /メディア・デザイン研究所 編集 /
INAXo

超空の決戦 3 (歴史群像コミックス)


渡辺 明 イラスト /
学研プラス


田中 光二の著書を検索する

田中 光二の関連ニュース


田中 光二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田中 光二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田中 光二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.