田中 小実昌

(タナカ・コミマサ)
田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は、日本の小説家、翻訳家、随筆家。 東京市千駄ヶ谷生まれ。牧師だった父、田中種助の転勤で広島県呉市東三津田町で育つ。 来歴・人物 旧制西南学院中学入学後、母親の意向で2年から、かつて入試に失敗した、実家近くの広島県立呉第一中学(現・呉三津田高校)の編入試験を受け、転校。同校を卒業後、旧制福岡高校を繰上げ卒業して出征し、中国南京など各地を転戦。敗戦直前にアメーバ赤痢の疑いで野戦病院に移送となり終戦。呉市に戻り米軍基地の兵舎のストーブマンなどをしたあと、1947年、東京大学文学部哲学科に無試験入学するもほとんど出席せず、除籍となる。 在学中からストリップ劇場での演出助手(のちに、コメディアンとして出演するようになる)や、バーテンダー、啖呵売、易者などの職を渡り歩き、その経験を元に踊り子や客達との交流を描いたエッセーで注目された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第81回 直木賞 / 第15回 谷崎潤一郎賞

田中 小実昌の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

田中 小実昌の著書を検索する

田中 小実昌の関連ニュース


田中 小実昌のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田中 小実昌と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田中 小実昌」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.