田中 正造

(タナカ・ショウゾウ)
田中 正造(たなか しょうぞう、天保12年11月3日(1841年12月15日) - 1913年(大正2年)9月4日)は、日本の政治家。日本初の公害事件と言われる足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家として有名。衆議院議員選挙に当選6回。幼名、兼三郎。下野国安蘇郡小中村(現・栃木県佐野市小中町)出身。 生涯 生い立ち 生まれは名主の家ではあったが、田中本人によれば村では中流でそれほど裕福な家ではなかったという。 父の跡を継いで小中村名主となり、幕末から村民らと領主である高家六角家に対して政治的要求を行っていたが、このことがもとで明治維新直前の慶応4年(1868年)に投獄された。なお、この時の牢は縦横高さともに1mほどしかない狭いもので、立つことも寝ることもできない過酷な構造だった。翌年に出所。 明治3年(1870年)、江刺県花輪支庁(現・秋田県鹿角市)の官吏となった。翌年、上司の木村新八郎殺害の容疑者として逮捕され、投獄されている。これは物的証拠もなく冤罪だったと思われるが、正造の性格や言動から当時の上役たちに反感を持たれていたのが影響したらしい。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田中 正造の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

田中 正造の著書を検索する

田中 正造の関連ニュース


田中 正造のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田中 正造と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田中 正造」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.