田中 哲弥

(タナカ・テツヤ)
田中 哲弥 (たなか てつや、1963年1月27日 - )は、日本の作家。兵庫県神戸市生まれ。関西学院大学文学部卒業。血液型はA型。 1984年に『朝ごはんが食べたい』で星新一ショートショート・コンテスト優秀賞受賞。その後、吉本興業の台本作家を経て、1993年に『大久保町の決闘』でデビュー。ギャグセンスの秀逸さと意識の流れを生かした文体によって、一部で人気を誇る。 同じく作家の小林泰三、田中啓文、牧野修と合わせて「まんがカルテット」と呼ばれる。ミステリー作家の我孫子武丸を加え、「まんがクインテット」と呼ばれることもある。 宇宙作家クラブ会員、日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会会員。 作品リスト 長編 大久保町三部作 『大久保町の決闘』『大久保町は燃えているか』『さらば愛しき大久保町』の三作からなる。詳細はリンク先参照。 短編集 やみなべの陰謀(電撃文庫 1999年1月25日 ISBN 978-4073107811) のちにハヤカワ文庫から再刊。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田中 哲弥の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

田中 哲弥の著書を検索する

田中 哲弥の関連ニュース


田中 哲弥のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田中 哲弥と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田中 哲弥」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.