丹治 信春

(タンチ・ノブハル)
丹治 信春(たんじ のぶはる、1949年 - )は、日本の哲学者。現在、日本大学文理学部教授、東京都立大学名誉教授。科学哲学、言語哲学、心の哲学を専門とする。前日本科学哲学会会長。 言語の意味に基準があるという考えを排する、徹底したアポステリオリズムに基づく言語観を著書『言語と認識のダイナミズム』で提唱した。同書によって博士(学術)を東京大学から取得した。 1949年:大阪府に生まれる 1961年4月:麻布中学校 入学 1967年3月:麻布高等学校 卒業 1971年6月:東京大学教養学部教養学科 卒業 1973年3月:東京大学大学院理学系研究科(科学史・科学基礎論)修士課程 修了 1976年3月:東京大学大学院理学系研究科(科学史・科学基礎論)博士課程 単位取得満期退学 1977年4月:東京都立大学人文学部講師 1979年4月:東京都立大学人文学部助教授 1996年4月:東京都立大学人文学部教授 1997年5月:博士(学術)(東京大学) 2005年4月:首都大学東京都市教養学部人文・社会系教授 2009年4月~現在:日本大学文理学部哲学科教授 著作 単著 『言語と認識のダイナミズム――ウィトゲンシュタインからクワインへ』勁草書房、1996年 『クワイン――ホーリズムの哲学』講談社、1997年;[平凡社ライブラリー版]平凡社、2009年 『タブローの方法による論理学入門』朝倉書店、1999年;[改題・文庫版]『論理学入門』筑摩書房、2014年 編著 藤田晋吾、丹治信春編『言語・科学・人間――実在論をめぐって』朝倉書店、1990年 大森荘蔵著、飯田隆、丹治信春、野家啓一、野矢茂樹編『大森荘蔵セレクション』平凡社、2011年 翻訳 渡辺慧著、村上陽一郎、丹治信春訳『知識と推測〈1〉情報の構造――科学的認識論』東京図書、1975年 渡辺慧著、村上陽一郎、丹治信春訳『知識と推測〈2〉演繹と帰納の数理――科学的認識論』東京図書、1975年 J.L.オースティン著、丹治信春、守屋唱進訳『知覚の言語――センスとセンシビリア』勁草書房、1984年 B.C.ファン・フラーセン著、丹治信春訳『科学的世界像』紀伊國屋書店、1986年 テッド・バスティン編、柳瀬睦男、黒崎宏、村上陽一郎、丹治信春訳『量子力学は越えられるか』東京図書、1988年 B.デスパーニア著、柳瀬睦男、丹治信春訳『現代物理学にとって実在とは何か』培風館、1988年 J.L.オースティン著、丹治信春訳「事実に対する不当」、坂本百大監訳『オースティン哲学論文集』勁草書房、1991年、収録。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

丹治 信春の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

推論主義序説 (現代哲学への招待 Great Works)


丹治 信春 監修 /斎藤 浩文 翻訳 /
春秋社

大森荘蔵セレクション (平凡社ライブラリー)


飯田隆 編集 /丹治信春 編集 /野家啓一 編集 /野矢茂樹 編集 /
平凡社

大森荘蔵セレクション (平凡社ライブラリー748)


飯田 隆 編集 /丹治 信春 編集 /野家 啓一 編集 /野矢 茂樹 編集 /
平凡社 2015-08-27
戦後日本を代表する哲学者のエッセンス。ものも過去もじかに立ち現れている! 問いと思考の変遷を鮮明に示す論考を、衣鉢を継ぐ4人がセレクト・編集する。大森哲学を知る最良の入門書。解説は4人の共同討議。

科学的世界像


Bas C.van Fraassen 原著 /丹治 信春 翻訳 /
紀伊國屋書店

クワイン (平凡社ライブラリー 683)



平凡社 2012-01-01
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

量子力学は越えられるか


テッド バスティン 編集 /柳瀬 睦男 翻訳 /黒崎 宏 翻訳 /村上 陽一郎 翻訳 /丹治 信春 翻訳 /
東京図書

クワイン (平凡社ライブラリー)

¥2781 (⇒¥2225

平凡社 2010-01-18


丹治 信春の著書を検索する

丹治 信春の関連ニュース


丹治 信春のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丹治 信春と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丹治 信春」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.