種村 直樹

(タネムラ・ナオキ)
種村 直樹(たねむら なおき、1936年3月7日 - 2014年11月6日)は、日本の作家、随筆家、評論家。 滋賀県大津市出身。 元々は毎日新聞社の記者だったが、1973年に鉄道に関連する記事執筆を専業とするフリーのライターとなり、レイルウェイ・ライターと称して鉄道に関するルポルタージュ、時事評論、紀行文、推理小説などを数多く発表した。 滋賀県立大津東高等学校(現・滋賀県立膳所高等学校)、京都大学法学部卒業。 毎日新聞社の国鉄担当記者であった1972年に、その豊富な鉄道知識と新聞記者としての取材、執筆能力から、当時の『鉄道ジャーナル』編集長の竹島紀元に抜擢され、「列車追跡」など同誌のメインとなる特集記事を執筆するようになったほか、連載コラム欄も持つようになる。フリーとして独立後は、「社会派」を標榜する『鉄道ジャーナル』に、東北新幹線や青函トンネルの開業、日本国有鉄道の終焉とJRの発足や、瀬戸大橋・青函トンネルの建設といった、時代の節目となった出来事のルポを多数執筆。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

種村 直樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中国・四国 (1982年) (ローカル線をゆく〈7〉)


種村 直樹 編集 /
桐原書店


種村 直樹の著書を検索する

種村 直樹の関連ニュース


種村 直樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、種村 直樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「種村 直樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.