谷 甲州

(タニ・コウシュウ)
谷 甲州(たに こうしゅう、1951年3月30日 - )は、兵庫県伊丹市出身の小説家。大阪工業大学工学部土木工学科卒業。建設会社勤務を経て青年海外協力隊員としてネパールに、国際協力事業団(JICA)プロジェクト調整員としてフィリピンに勤務する。 ネパール在勤中に、「137機動旅団」が『奇想天外』に掲載され、作家としてデビューする。1981年に刊行された初の単行本である長編『惑星CB-8越冬隊』が、ハードSF的な設定と冒険小説的な要素を組み合わせた作品として高い評価を得る。以後、「航空宇宙軍史」と称される同一設定をもった未来史シリーズなどのハードSFや、山岳冒険小説などを多数執筆する。 また、小松左京を中心とした『日本沈没』の第2部執筆プロジェクトに参加し、アジア地域での生活の長さを買われて、老齢の小松に代わって第2部の実際の執筆に当たった。 現在、石川県小松市に在住している。日本推理作家協会会員、日本SF作家クラブ会員、宇宙作家クラブ会員、ハードSF研究所客員。 1979年:「137機動旅団」で、第2回奇想天外SF新人賞佳作受賞 1987年:「火星鉄道一九」(マーシャン・レイルロード)で第18回星雲賞短編部門受賞 1994年:『終わりなき索敵』で第25回星雲賞長編部門受賞 1996年:『白き嶺の男』で第15回新田次郎文学賞受賞 2005年9月~2007年9月:日本SF作家クラブ会長 2014年:『加賀開港始末』で第8回舟橋聖一文学賞受賞 2016年:『コロンビア・ゼロ 新・航空宇宙軍史』で第35回日本SF大賞受賞 作品 外部リンク先の谷甲州黙認FC・青年人外協力隊には出版年やISBNを含む詳細なデータがある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

谷 甲州の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

コロンビア・ゼロ──新・航空宇宙軍史 (早川書房)



早川書房 2015-08-31
地球を中心とする航空宇宙軍と外惑星連合が戦った第一次外惑星動乱から四十年。タイタン、ガニメデ、木星大気圏など太陽系各地では、新たな戦乱の予兆が胎動していた。第二次外惑星動乱の開戦までを描く七篇を収録。

ヤマケイ文庫 単独行者 新・加藤文太郎伝上



山と溪谷社 2015-05-30
構想35年。ヒマラヤ登山の経験を持つ作家・谷甲州が、史実を基に伝説の登山家・加藤文太郎を描ききった長編山岳小説の上巻。雪山登山がまだ一般的でなかった昭和初期の時代に、案内人も雇わず、ただ独

谷 甲州の著書を検索する

谷 甲州の関連ニュース


谷 甲州のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、谷 甲州と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「谷 甲州」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.