谷川 俊太郎

(タニカワ・シュンタロウ)
谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう、1931年12月15日 - )は、日本の詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。東京府出身。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業。 哲学者で法政大学総長の谷川徹三を父として、東京府東京市(現・東京都)杉並区に生まれ育つ。 1948年から詩作および発表を始める。1950年には、父の知人であった三好達治の紹介によって『文学界』に「ネロ他五編」が掲載される。1952年には処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行する。 まもなく、詩作と並行して歌の作詞、脚本やエッセイの執筆、評論活動などを行うようになる。 また、石原慎太郎、江藤淳、大江健三郎、寺山修司、浅利慶太、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。 1962年に「月火水木金土日のうた」で第4回日本レコード大賞作詞賞を受賞した。1964年からは映画製作に、1965年からは絵本の世界に進出した。映画においては、自ら“市川崑監督の弟子”と称して、もっぱら同監督の作品の脚本を手がけた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 野間児童文芸賞

谷川 俊太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)


元永 定正 イラスト /
文研出版

もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)


元永 定正 イラスト /
文研出版
「しーん、もこもこ、にょきにょき…」とふくれあがったものは、みるみる大きくなってパチンと!!!???? 詩人と異色の画家がおりなす不思議でおかしな絵本の世界。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし


谷川 俊太郎 翻訳 /
好学社
★ご覧いただきありがとうございます。★表紙上部に一箇所小さなほころびあります。中身ともにきれいな状態です。作者:レオ=レオニ 訳者:谷川 俊太郎 ★どうぞよろしくお願いいたします。即日発送いたします。

スイミー(ビッグブック)


谷川俊太郎 翻訳 /
好学社

茨木のり子詩集 (岩波文庫)


谷川 俊太郎 編集 /
岩波書店

茨木のり子詩集 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-22
青春を戦争の渦中に過ごした若い女性の,くやしさと,それゆえの,未来への夢.スパッと歯切れのいい言葉が断言的に出てくる,主張のある詩,論理の詩.ときには初々しく震え,またときには凛として顔を上げる.素直

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし


谷川 俊太郎 翻訳 /
好学社
   『スイミー』のレオ・レオニと谷川俊太郎(訳)のコンビによる「ちょっと かわった のねずみ」フレデリックのお話。    冬に備えて、せっせと食料を集めて働く野ネズミたち。でも、フレデリックだ

谷川 俊太郎の著書を検索する

谷川 俊太郎の関連ニュース


谷川 俊太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、谷川 俊太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「谷川 俊太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.