立松 和平

(タテマツ・ワヘイ)
立松 和平(たてまつ わへい、1947年12月15日 - 2010年2月8日)は日本の小説家である。日本ペンクラブ会員。本名:横松 和夫(よこまつ ・かずお)。筆名は本名の「横松」のもじりで「立松」にした。 栃木県宇都宮市生まれ。栃木県立宇都宮高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部へ進学。 1966年大学入学時は学生運動で騒然としていた。早稲田キャンパス新聞会に入会するが政治的対立のため、除名。文章表現研究会に入会し、現代文学に親しむ。また日本各地や沖縄、韓国、東南アジアなどを流浪する。また、大学にもどるとデモに参加していた。 那覇のナイトクラブでバイトした経験を処女作「途方にくれて」として執筆し、雑誌『早稲田文学』に投稿。当時、「早稲田文学」の編集長だった有馬頼義が主宰する若手作家のサロン「石の会」に参加し三浦哲郎、高井有一、後藤明生、色川武大らと知り合う。 1970年、集英社の内定を得ていたが『早稲田文学』に「途方にくれて」が掲載されたため就職せず留年。「自転車」で第1回早稲田文学新人賞を受賞する。翌1971年、結婚。妻は『早稲田文学』編集部に勤務していて和平と知り合った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 野間文芸新人賞 / 第35回 泉鏡花文学賞

立松 和平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

親鸞と道元



祥伝社

探訪ガイド 良寛との旅



考古堂書店

釧路湿原



グラフィック社


立松 和平の著書を検索する

立松 和平の関連ニュース


立松 和平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、立松 和平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「立松 和平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.