立野 信之

(タテノ・ノブユキ)
立野 信之(たての のぶゆき、1903年10月17日 -1971年10月25日)は日本の小説家。
千葉県生まれ。千葉敬愛高等学校 旧制関東中学校中退。
20歳で市原郡五井町役場に就職するも、2年後に連隊に入営。除隊後の1928年、軍隊経験を元に書いた「標的になった彼奴」にてデビューする。
当初はプロレタリア文学に傾倒しており反戦的な作品を発表していたが、1930年、治安維持法違反で検挙、翌年獄中で転向を表明した。終戦後の1952年、彼の代表作となる二・二六事件を題材にしたノンフィクション小説「叛乱」を発表。文壇活動としては日本ペンクラブの運営に深く関わり、幹事長、副会長などを歴任している。
1953年、「叛乱」で第28回直木賞受賞。
軍隊病 兵士と農民に関する短篇集 戦旗社 1929 (日本プロレタリア作家叢書)
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第28回 直木賞

立野 信之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

明治大帝(上)



光風社書店

叛乱 (学研M文庫)



学習研究社

昭和軍閥 (1963年)



講談社

黒い花〈下〉 (1974年)



ぺりかん社

黒い花〈上〉 (1974年)



ぺりかん社

叛乱〈上〉 (1970年)



ぺりかん社


立野 信之の著書を検索する

立野 信之の関連ニュース


立野 信之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、立野 信之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「立野 信之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.