田山 花袋

(タヤマ・カタイ)
田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。 尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩、柳田國男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。 栃木県邑楽郡館林町(現在の群馬県館林市)に、田山鋿十郎・てつ夫妻の次男として生れた。田山家は、代々の秋元藩士。父は、1876年(明治9年)警視庁邏卒となり一家で上京するが、1877年(明治10年)西南戦争の際に従軍して肥後飯田山麓の闘いで戦死したため、館林に戻る。 6つ年上の長兄は「大日本地震資料」(ほぼ全部)、「大日本古文書」(1,2巻)を編纂した田山實(みのる。本名実彌登(みやと))であり、『生』の鐐や、『時は過ぎゆく』の中の實のモデルである。 1880年(明治13年)冬、9歳で足利で丁稚奉公した後、翌年2月に上京し、京橋区南伝馬町の有隣堂書店で丁稚奉公するが、不都合(詳細不明)により、1882年(15年)5月に帰郷する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

田山 花袋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

温泉めぐり



博文館新社

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)



新潮社 2011-06-17
蒲団に残るあの人の匂いが恋しい――赤裸々な内面を大胆に告白して自然主義文学の先駆をなした「蒲団」に「重右衛門の最後」を併録。

明治深刻悲惨小説集 (講談社文芸文庫)


講談社文芸文庫 編集 /
講談社 2016-08-12
死、貧窮、病苦、差別――明治期、日清戦争後の社会不安を背景に、人生の暗黒面を見据え描き出した「悲惨小説」「深刻小説」と称された一連の作品群があった。虐げられた者、弱き者への共感と社会批判に満ちたそれら

明治深刻悲惨小説集 (講談社文芸文庫)


講談社文芸文庫 編集 /
講談社

第二軍従征日記 (日露戦争戦記文学シリーズ(二))


前澤 哲也 解題 その他 /
雄山閣

第二軍従征日記



博文館

田舎教師



左久良書房


田山 花袋の著書を検索する

田山 花袋の関連ニュース


田山 花袋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、田山 花袋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「田山 花袋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.