天童 荒太

(テンドウ・アラタ)
天童 荒太(てんどう あらた、1960年5月8日 - )は、日本の小説家・推理作家。男性。初期は本名の栗田 教行(くりた のりゆき)名義で活動した。代表作に『家族狩り』『永遠の仔』『悼む人』など。 来歴・人物 愛媛県出身。愛媛県立松山北高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業。 童話・映画脚本などさまざまな賞に応募し、本名で投稿した「白の家族」が野性時代新人文学賞を受賞。『ZIPANG』『アジアンビート』など映画の脚本などを手がけた後に、天童荒太名義で小説を書く。ペンネームを変えたのは、「白の家族」で一度新人賞を取った後にミステリーの賞に応募することになり、「(同じ名義で)落ちたらみっともない」と考えたためで、当初はあとで本名に戻すつもりだった。「荒太」の由来は小説の登場人物につけようと考えていた名だが、それには平凡な名字が合わず、また父親が姓名判断の字画にこだわるタイプで、組み合わせ上良い字画の名字が「天童」しかなかったためこの名となった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第140回 直木賞 / 第9回 山本周五郎賞

天童 荒太の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

天童 荒太の著書を検索する

天童 荒太の関連ニュース


天童 荒太のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、天童 荒太と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「天童 荒太」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.