寺田 寅彦

(テラダ・トラヒコ)
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる。高知県出身(出生地は東京市)。 1878年(明治11年)11月28日 - 東京市麹町区(現在の千代田区)に高知県士族(旧足軽)寺田利正・亀夫妻の長男として誕生。寅年寅の日であったことから、寅彦と命名される。 1881年(明治14年) - 祖母、母、姉と共に郷里の高知市に転居。 1893年(明治26年) - 高知県尋常中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に入学。 1896年(明治29年) - 熊本の第五高等学校に入学。英語教師夏目漱石、物理学教師田丸卓郎と出会い、両者から大きな影響を受け、科学と文学を志す。 1897年(明治30年) - 阪井夏子(1883 – 1902)(阪井重季の娘)と学生結婚。 1898年(明治31年) - 夏目漱石を主宰とした俳句結社紫溟吟社を蒲生紫川、厨川千江らとおこす。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

寺田 寅彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

寺田 寅彦の著書を検索する

寺田 寅彦の関連ニュース


寺田 寅彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、寺田 寅彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「寺田 寅彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.