寺内 大吉

(テラウチ・ダイキチ)
寺内 大吉(てらうち だいきち、1921年10月6日 - 2008年9月6日)は、作家、スポーツライター、浄土宗の僧侶。本名は成田 有恒(なりた ゆうこう)。 経歴・人物 東京府荏原郡世田谷村(現在の世田谷区)生まれ。生家は浄土宗の大吉寺である。東京府立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)卒業後、1945年に大正大学宗教学部卒業。大学在学中から富沢有為男の下へ出入りして文学を学び始めると共に、生家である大吉寺の住職となる。 1955年に「逢春門」でサンデー毎日大衆文芸賞、翌1956年には「黒い旅路」でオール讀物新人賞受賞。この頃に記者として取材に訪れた司馬遼太郎と知り合い、1957年には彼らと同人誌「近代説話」を創刊、1960年には同誌に掲載した「はぐれ念仏」で直木賞受賞。その後1983年には長編『念仏ひじり三国志』で毎日出版文化賞受賞。関西文芸界の世話役として知られるようになる。 世間には『なまぐさ坊主作家』として知られるようになり、やがて小説を執筆する傍ら、スポーツ番組の解説者としてテレビに出演していたが、公の場に姿を現すときには必ずベレー帽をかぶっていたことから、いつしかベレー帽が寺内のトレードマークとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第44回 直木賞

寺内 大吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

法然のことば



鈴木出版

はぐれ念仏 (学研M文庫)



学習研究社


寺内 大吉の著書を検索する

寺内 大吉の関連ニュース


寺内 大吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、寺内 大吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「寺内 大吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.