手嶋 龍一

(テシマ・リュウイチ)
手嶋 龍一(てしま りゅういち、1949年7月11日 - )は、日本のジャーナリスト・作家。自身は「外交ジャーナリスト」を称する。 元NHK記者。ボン支局長、ワシントン支局長などを歴任。現在は慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授も務める。 来歴・人物 北海道芦別町(現芦別市)出身。 北海道岩見沢東高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。 1974年、NHKに入局。室蘭放送局、横浜放送局、横須賀支局を経て、政治部に異動し、外務省、首相官邸、自由民主党などを担当する。 1987年、ワシントン支局に赴任。1990年代初めには、湾岸戦争前後のアメリカでの取材をもとに執筆したノンフィクション『ニッポンFSXを撃て』『一九九一年日本の敗北』を出版する。 1994年、ハーバード大学国際問題研究所(CFIA)のシニアフェローとなり、『文明の衝突』の著者サミュエル・ハンティントンや、国防次官補を務めたジョセフ・ナイ、ブライアン・ヘア、リベラル派の代表的論客であるスタンレー・ホフマンらの指導を受けた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

手嶋 龍一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

手嶋 龍一の著書を検索する

手嶋 龍一の関連ニュース


手嶋 龍一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、手嶋 龍一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「手嶋 龍一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.