飛浩 隆

(トビ・ヒロタカ)
飛 浩隆(とび ひろたか、1960年 - )は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。 1981年大学在学中に『ポリフォニック・イリュージョン』で三省堂SFストーリーコンテスト入選 早川書房のサイトを含め各サイトにおいて『異本:猿の手』が入選作・デビュー作とされているが間違い。 1982年『SFマガジン』誌上でデビュー作『ポリフォニック・イリュージョン』を発表。 以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。 1992年の『デュオ』を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。 2002年9月、『廃園の天使シリーズ』第1作の『グラン・ヴァカンス』を発表。 2005年7月16日 『象られた力』(中篇集『象られた力』所収)で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。 2005年 中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。 2006年 『ラギッド・ガール‐廃園の天使2』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。 2010年8月 『自生の夢』で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

飛浩 隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

飛浩 隆の著書を検索する

飛浩 隆の関連ニュース


飛浩 隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、飛浩 隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「飛浩 隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.