藤堂 志津子

(トウドウ・シズコ)
藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。本名は熊谷 政江。 経歴・人物 北海道札幌市生まれ。北海道札幌北高等学校、藤女子短期大学国文科卒業。1968年、19歳で詩集『砂の憧憬』を刊行する(熊谷政江名義)。『北海道新鋭小説集』(北海道新聞社)に作品が収録。1979年、「熟れてゆく夏」が第11回新潮新人賞候補に(熊谷名義)。1983年、「椅子の上の猫」で第7回北海道文学賞を受賞(熊谷名義)。1987年、札幌市の広告代理店に在籍中に「マドンナのごとく」で第21回北海道新聞文学賞を受賞(熊谷名義)。1988年、『マドンナのごとく』が第99回直木三十五賞候補に。同年、「熟れてゆく夏」で第100回直木三十五賞を受賞。以後、女性の心の内部を突く恋愛小説を多く発表、エッセイストとしても活躍している。1989年、北海道栄誉をたたえて賞を受賞。1990年、第19回札幌市民芸術賞を受賞。2001年、『ソング・オブ・サンデー』で第8回島清恋愛文学賞を受賞。2003年、『秋の猫』で第16回柴田錬三郎賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第100回 直木賞 / 第16回 柴田錬三郎賞

藤堂 志津子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

若くない日々



幻冬舎

若くない日々



幻冬舎 2014-03-14
52歳で突如結婚を思いたち、なじみの居酒屋でよく会う独り者に同居を持ちかける蓮子(「夢ふた夜」)。かつて歯牙にもかけなかった同僚にほだされる自分に戸惑う八千代(「フレンズ」)。人知れず抱えてきた女のプ

独女日記2 愛犬はなとのささやかな日々 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2014-02-13
散歩嫌いの愛犬〈はな〉を抱き、今日も近所の公園へ。犬ママ友とおしゃべりし、芝生の上で微風に吹かれ、いいようのない充足感を得る。目下の悩みは太り気味の〈はな〉の体重と、自身の終末までの諸問題。死んだ両親

娘と嫁と孫とわたし (集英社文庫)



集英社 2016-06-03
65歳の玉子は、亡き息子の嫁、里子と孫の春子との三人暮らし。お互いをいたわりあっての平穏な日々。そこに嫁にいった38歳の娘、葉絵がしょっちゅう帰ってきては、子供のころに心理的虐待を受けた、と身に覚えの

きららの指輪たち



幻冬舎 2014-03-14
雲母(きらら)の指輪は肉眼では見えない。けれど女性たちはその透き通ったリングを指にして自分の人生のパートナーがあらわれるときを夢見る。――30代独身女性4人が、「老後のための住まい」を確保した。離婚し

藤堂 志津子の著書を検索する

藤堂 志津子の関連ニュース


藤堂 志津子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、藤堂 志津子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「藤堂 志津子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.