戸板 康二

(トイタ・ヤスジ)
戸板 康二(といた やすじ、1915年12月14日 - 1993年1月23日)は日本の演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家。 東京市(現東京都港区)芝三田四国町出身。旧姓山口。藤倉電線に勤める父・三郎、母ひさの長男として生まれる。父親の仕事の関係で中国に引っ越し、上海小学校に通い、帰国後愛宕小学校に入学。山口家に男子が生まれたら母方の戸板家の養子になる約束があり、初めは「康夫」と名付けられたが、養子になった1923年7月9日、「康二」と改める。 幼時、母方の祖母で戸板裁縫女学校の創立者である戸板関子の養子となる。関東大震災のとき、鎌倉材木座の別荘にいた母親が幼い次男をかばって圧死するも、康二は東京の自宅にいたため難を逃れる。暁星小学校に編入し、暁星中学校を卒業。同級生にのちの尾上梅幸 (7代目) 、串田孫一がいた。梅幸によると康二は神童と呼べるほど頭がよかったという。14歳のとき祖母を亡くす。慶応予科を経て慶應義塾大学文学部国文学科卒。慶應国文科では折口信夫に師事。当初仏文専攻を考えていたが、予科時代の先輩である池田弥三郎から「折口は百年に一人の人。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第42回 直木賞

戸板 康二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

団十郎切腹事件 (1960年)



河出書房新社

新ちょっといい話



文藝春秋 2012-09-20
「世の中を明るくする本……」「それぞれの話が小さなドラマの世界をつくり出し、最後のサゲで思わずニヤリとする……」「事実は小説よりめずらしい……」と、褒めそやされる「ちょっといい話」シリーズ。「しみじみ

思い出す顔 戸板康二メモワール選 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-03-28
昭和を代表する劇評家、推理作家、俳人の戸板康二はまた、歌舞伎、映画、雑誌など、幅広い世界で蒐集した「ちょっといい話」を絶妙な筆致で描く無類のユーモリストだった。数多の著書から60代に書かれた『回想の戦

戸板 康二の著書を検索する

戸板 康二の関連ニュース


戸板 康二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、戸板 康二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「戸板 康二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.