徳川 光圀

(トクガワ・ミツクニ)
徳川 光圀(とくがわ みつくに)は、常陸水戸藩の第2代藩主。「水戸黄門」としても知られる。 諡号は「義公」、字は「子龍」、号は「梅里」。また神号は「高譲味道根之命」(たかゆずるうましみちねのみこと)。水戸藩初代藩主・徳川頼房の三男。徳川家康の孫に当たる。儒学を奨励し、彰考館を設けて『大日本史』を編纂し、水戸学の基礎をつくった。 藩主時代には寺社改革や殉死の禁止、快風丸建造による蝦夷地(後の石狩国)の探検などを行った。また、後に『大日本史』と呼ばれる修史事業に着手し、古典研究や文化財の保存活動など数々の文化事業を行った。さらに、徳川一門の長老として、徳川綱吉期には幕政にも影響力を持った。 同時代から言行録や伝記を通じて名君伝説が確立しているが、江戸時代後期から近代には白髭と頭巾姿で諸国を行脚してお上の横暴から民百姓の味方をする、フィクションとしての黄門漫遊譚が確立する。水戸黄門は講談や歌舞伎の題材として大衆的人気を獲得し、昭和時代には映画やテレビドラマなどの題材とされた(水戸黄門の項を参照)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

徳川 光圀の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大日本史論賛集



大正書院

扶桑拾葉集


徳川光圀 編集 /
石塚猪男蔵

訳文大日本史



後楽書院

水戸義公(小城・鍋島侯あて)烈公(土浦・土屋侯あて)書翰集 (1965年)


徳川 光圀 編集 /茨城県立図書館 編集 /
茨城県立図書館,茨城県郷土文化研究会

水戸義公全集 (1970年)


徳川 圀順 編集 /
角川書店

大日本史 (索引)


徳川光圀 編集 /
吉川弘文館

大日本史 (第1-13)


徳川光圀 編集 /
吉川弘文館

扶桑拾葉集


徳川光圀 編集 /
石塚猪男蔵

扶桑拾葉集


徳川光圀 編集 /
石塚猪男蔵


徳川 光圀の著書を検索する

徳川 光圀の関連ニュース


徳川 光圀のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、徳川 光圀と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「徳川 光圀」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.