徳富 蘆花

(トクトミ・ロカ)
徳冨 蘆花(とくとみ ろか、1868年12月8日(明治元年10月25日) - 1927年(昭和2年)9月18日)は、日本の小説家。「徳冨」の表記にこだわり、各種の文学事典、文学館、記念公園などは「冨」の字を採用している。本名は徳富健次郎(とくとみ けんじろう)。 号の由来は、自ら述べた「『蘆の花は見所とてもなく』と清少納言は書きぬ。然もその見所なきを余は却って愛するなり」からきている。 生涯 横井小楠門下の俊英であった父・徳富一敬の次男として肥後国葦北郡水俣村に生まれる。熊本バンドの1人として同志社英学校に学びキリスト教の影響を受け、トルストイに傾倒する。後年、夫人とともに外遊の際、トルストイの住む村を訪れ、トルストイと会見した。そのときの記録『順礼紀行』は、オスマン帝国治下のエルサレム訪問記も含めて、貴重な記録となっている。 兄で思想家・ジャーナリストの徳富蘇峰の下での下積みの後、自然詩人として出発し、小説『不如帰』はベストセラーになった。また、随筆『自然と人生』はその文章が賞賛され、一気に人気作家となった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

徳富 蘆花の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

自然と人生 (岩波文庫)



岩波書店
自然と人生 (岩波文庫) [文庫] 徳富 蘆花 (著)

不如帰―小説 (1971年) (岩波文庫)



岩波書店
「ああ辛い! 辛い! もう――もう婦人(おんな)なんぞに,生まれはしませんよ.」日清戦争の時代,愛し合いながらも家族制度のしがらみに引き裂かれてゆく浪子と武男.明治31-32年発表,空前の反響をよんだ

明治文學全集 42 徳富蘆花集


神崎 清 編集 /
筑摩書房


徳富 蘆花の著書を検索する

徳富 蘆花の関連ニュース


徳富 蘆花のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、徳富 蘆花と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「徳富 蘆花」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.