冨澤 有爲男

(トミサワ・ウイオ)
冨澤 有爲男(とみさわ/とみざわ ういお、1902年3月29日 - 1970年1月15日)は作家、画家。 大分県大分市生まれだが、父の都合により全国に移り住み、やがて幼年期より名古屋市で過ごす。旧制東海中学校卒業後、東京美術学校に進学して絵画だけでなく文学についても学ぶが1年で中退し、漫画記者として新愛知新聞(現在の中日新聞)に入社する。 1921年より2年連続で帝展に入選し、1927年にはフランスへ1年間留学し絵画を学んだが、その側で作家としての活動も行い1925年に同人誌『鷲の巣』を創刊している。1930年に結婚し、東京市牛込区天神町(当時)へ移住すると、次第に作家としての活躍が認められるようになり、1936年8月に発表した『地中海』で翌1937年2月に芥川賞を受賞した。 1942年には陸軍の報道班員となり、従軍作家としてインドネシアに1年間赴く。帰国後の1945年に自宅が空襲で全焼したため、福島県双葉郡広野町に疎開するが、終戦後も東京には戻らず、以降は晩年まで広野町に根を下ろすが、1970年1月東京での静養中に心臓衰弱で死去。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第4回 芥川賞

冨澤 有爲男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

冨澤 有爲男の著書を検索する

冨澤 有爲男の関連ニュース


冨澤 有爲男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、冨澤 有爲男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「冨澤 有爲男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.