利根川 進

(トネガワ・ススム)
利根川 進(とねがわ すすむ、1939年9月5日 - )は、日本の生物学者(カリフォルニア大学サンディエゴ校Ph.D.)。1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科)を務める他、ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長、理研-MIT神経回路遺伝学研究センター長等も兼任。京都大学名誉博士。 分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学・神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。 生い立ち 父は機械工学のエンジニアで天満織物(現シキボウ)に勤めており、当時家族は大阪に住んでいたが、進は母の実家・愛知県名古屋市で生まれる。利根川家はもともと備後国(現在の広島県東部)福山藩の家臣で、曾祖父・利根川浩は福山誠之館中学(現広島県立福山誠之館高等学校)の2代目校長などを務めたが、跡取りの男児が無く、同じ福山藩の家臣だった岡本家から養子を迎えた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

利根川 進の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

利根川 進の著書を検索する

利根川 進の関連ニュース


利根川 進のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、利根川 進と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「利根川 進」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.